OMM JAPAN RACEに参加してきました

IMG_0206

OMM JAPAN RACE

僕らが参加したのは「スコア」というカテゴリーで、2日間宿泊装備を背負いながら地図上に設定されたチェックポイントを自由なルートで獲得したりパスしたりして得点を競う内容。パートナーはOGAWANDの主。

11月末とはいえ一泊の低山山行には必要のない装備までルール上では携行を義務付けられているので個々のギアを少しずつコンパクト化。水を含まないパッキングウェイトで2.96kg。

IMG_0285

真ん中が自分のMUON EXPEDITION、右は一緒に参加した友人のMUONカスタムバージョン

IMG_0302

IMG_0289

装備
– バックパック MUON EXPEDITION 19L + 急いで作ったボトルホルダー2本
– ポンチョにループを縫い付けた雨具兼簡易タープ
– グラウンドシート用にヒートシートブランケットをハーフカット
– GoLiteのダウンキルト
– 胸下長の自作ビビィ(ソフトタイベックで制作)
– 半身長クローズドセルマット
– ひざ上まで裁断して切り詰めたレインパンツ
GREASE POT、鍋つかみ、エスビット燃料、五徳、風防、チタンスポーク
– キャプリーン4フーディ (伊豆なので悪天候でもダウンJKTまでは不要と判断)
– 女性用ストッキングを防寒タイツ替りに
– ビニール製の衛生手袋
– アンダーシャツ予備1枚
– ヘッドライト e+Lite
– コンパス SUUNTO M9
– ホイッスル
– ファーストエイドキット in TRAIL ZIP SACK Cuben
– ストック2本

食料
– もち米の干し飯とレンズ豆を2食+予備分
– 黒糖といちぢくのミックス行動食を2日分
– カーボショッツ2本、おにぎり2個
– コーヒー粉末2本、レモン酢、ラム酒を少々
– 水、1日目は1.5L、2日目は0.5L

IMG_0199

1日目終了後の幕営風景。タープは上半身、ビビィで下半身を覆うミニマム幕営スタイル

 

走力だけでは勝てない「山の総合力」が問われるという前触れは聞いてはいたものの、やはり結局は走力次第だろうねと思いつつ、僕らはほぼいつもどおりのハイクスタイルで体力を追い込むようなことはせず、主に歩き、ところどころ走って、それでも結果としては30位でした。

IMG_0283

IMG_0186

 

スマホの性能があがる前までは地形図をたよりにトレイルを外れて歩くハイクが多かったので、今回は幸いにも一度もCPをロストすることなくすんなり見つけられたけれど、走力を活かして先行しながらもCPを探しだせずに彷徨って時間を浪費してしまうチームも多いようだった。地図読みスキルは意外にも人によってばらつきがあり結果に大きく影響したみたい。

ここであってほしい、ここに違いない、ここまで来ただろう、という思い込みや希望的観測は、いとも簡単に人の認知を狂わせて、自然のあるがままの姿を歪ませてしまう。レースで人と競うとなれば尚更かもしれない。自分の感覚が信頼ならないことを過去いろんな場面で何度も痛い目にあってよくよく分かっているので、現在地や方角を見失いやすい地形はあえて避けたり、要所では尾根や谷筋をひとつずつ特定しながら歩く。

 

IMG_0189

トレイルを外れて沢筋を下る

IMG_0194

みんな森のなかを縦横無尽に走り回る

 

ロゲイニング自体も未体験だったけれどルートの作り方は将棋のようなものかなという感覚。序盤は調子をつかむためにあまり戦略を決め込まずにおおまかに先々の選択肢を幅広くとれる方面に進めて、中盤に残り時間や体力をふまえて最適なルートに組み立て直し、終盤はこまめに残り時間を計算してひとつでも高いCPを拾っていく方針に。

また登りでは無理してショートカットせず、下りで重力を使って藪こぎのショートカットをできるようにCPをつないでルートを作るようにすると調子よかった。

IMG_0191

 

性能のあがったGPS端末やスマートフォンが普及して、どこにいようとも瞬時に現在地が特定できる今の時代、どこまで地図読みやコンパス扱いのスキルが必要なのか、はたまたそんなスキルはもう意味のない山の時代になるのかはわからない。もう地図読みでシビアな判断を問われるようなことも、練習する機会すらもあまりないのかもしれない。

それでも必要最小限の寝泊まり道具を背負って、デジタル機器に頼らずトレイルを外れたり戻ったり、どこへ向かってどこまで行くかも自分自身で決められるOMMスコアは、普段のハイクのように自由も満喫できて、祝祭的な雰囲気もあり、意気盛んなハイカーズデポ・パーゴワークスのコンビと最後までデッドヒート(歩いて笑)を繰り広げたり、すっかり楽しめた2日間でした。

 

IMG_0204

Thanks!

広告

MUON PACK ワンナイトパッキング

先月は野反湖方面へきのこ狩りキャンプへ出かけてきました。

Image

装備はシンプルに絞り込んでMUON PACKで。

Image

このバックパックはやや厚みを抑えたデザインなので容量を少なめに16Lと表記していますが、パッキングの工夫次第でワンナイトの宿泊装備も入ります。

Image

パッキングリスト
– バックパック: WANDERLUST EQUIPMENT / MUON PACK
– シェルター: SixMoonDesigns / Gatewood Cape
– キルト: GoLite / Ultra 20°
– スリーピングパッド: ThermARest / ProLite XS
– 枕: モンベル / U.L.コンフォートシステムピロー
– ダウンジャケット: WesternMountaineering / Flash Jacket
– クッカー: WANDERLUST EQUIPMENT / GREASE POT COZY KIT with Mini Trangia
– ストーブ: Picogrill 398
– アクセサリ: WANDERLUST EQUIPMENT / CUTLERY ZIP POD
– サコッシュ: WANDERLUST EQUIPMENT / KHAMPA LA PACK

シュラフはコンプレッションせずにそのまま底へつっこんで。食料もあと少しなら入れる余裕あり。

ピコグリルはフラットに畳めるのでパッキングには便利です。今回はMUON PACKの背面パッドを抜いて、ピコグリルをフレーム替わりにして快適に背負えました。

下をきょろきょろ見ながら林道を歩いているとぽつりぽつりと収穫があり。

Image

ヌルっとしたのは去年覚えたハナイグチ。

Image

たくさん収穫できました。

Image

日も暮れて、、

Image

夜はきのこ汁と熊鍋の宴会で。

Image

モバイルプロジェクターとiPhoneでミニシアターを上映しながら。

Image

今回特別に制作した野外用の軽量スクリーンのテストも上々。ハイキングやキャンプに気軽に映画を持ち歩けるようになるといいですね。ちょっとしたイベントなどにもよいかも。

防水ポーチ試作

軽量で、丈夫で、開閉しやすい防水ポーチを長らく探し求めていたけれど、思ったようなものになかなか出会えず結局自分で作ることに。何度か試作を経て設計はかたまってきたので、今回は素材選定。

P8150244

それぞれ微妙に使い勝手も違うのでまたしばらく試用してみる予定です。

ヒップバッグ試作

ラインナップには出していませんが、以前から試作しているヒップバッグ。今回はカラーリングを派手に作ってみました。トレイルランナーならこれくらいがちょうどよい?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

行動食やレインウェア、ウォーターボトルなどを押しこんで走ってみて、ホールド感は問題なし。容量もちょうどよさげ思えます。肩にもかけて使えるようにラインの長さをビミョーに調整しています。53g。

南アルプス・野呂川右股から間ノ岳・農鳥岳へ

7月の連休、シーズンインとなった南アルプスはかねてより北岳より南側の稜線を歩いていなかったので、間ノ岳・農鳥岳はなるべく近いうちに行きたいと思っていた。さてどこからか稜線へあがるのがよいだろうかと思い巡らして、今回は野呂川を遡行して稜線へ出てみようという目論見を立てて行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DAY1 広河原から両股小屋

昼過ぎに広河原に着いてバスを乗りつぎ、北沢峠へ向かう乗客と別れ、ひとり野呂川出合にて途中下車。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

林道を2時間ほど歩く。この日はカンカン照りでとてつもない猛暑。のどがかわいては、沢から流れる水を汲んで飲み干しながら歩く。

P7120004

両股小屋へ到着。テン場に自作の変形タイベックタープを張って早めにキャンプイン。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日も落ちて夕食時。Pico Grillに火を起こしパスタを茹でて腹を満たす。夏山の気持ちのよいひとときを一人まったりと過ごしてから就寝。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DAY2 野呂川右股を遡行

この日は野呂川を遡行する。予報に反して天気はあまりよくなく曇り空。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小屋からすこし歩くとさっそく左股と右股の出合があらわれる。今回は右股へ。

空がひらけた気持ちのいい沢を、特に登攀的な要素もなく順調に歩いて行く。水は冷たい。

P7130040

途中でテンカラ竿を出して振ってみるが、先行していたフライマンとルアーマンがもどってきてさっぱり釣果はなかったとのことでこちらも早々に店じまい。

1回目の分岐に到達。ここは右へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どこまで歩いても危なげない沢筋を行く。標高もあまり上がっていない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2回目の分岐。これも右へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遠く間ノ岳の取り付きに雪渓が見えてきた。心が踊る。でも天気はいよいよ下り坂の様子。

3回目の分岐。右に入る。やや傾斜が出はじめてきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4回目の分岐。いよいよ雪渓が乗り出してきた。ここは左のルートを選択。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昼過ぎに早めに行動を終えて就寝の準備をする。稜線はまだ天気が悪そうだ。この日のうちに上にあがっても気持ちのよいトレイルは期待できそうにないので渓中で一泊することにする。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕方にどしゃ降りをあびてタープを張り直しているうちにびしょ濡れになる。焚き火を起こす気にもならず、服も乾かせないままにこの日は凍えながら眠る。夕暮れ時に一瞬だけ晴れ間がのぞいたが、夜中は雨と風が交互に襲ってきた。

P7130063

DAY3 稜線へ

翌朝。雨は止んだようだ。目を覚ましてのそのそとタープを出て稜線を仰ぎ見ると雲に包まれている。一晩待ってみたがまだ天候は回復とはいかないようだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

濡れた薪に手こずりながらようやく火を起こしコーヒーを一杯。パンをほおばりながらパッキングをして出発。さっそくあらわれた雪渓にチェーンスパイクを履いて降り立つ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから真っ直ぐあがると間ノ岳への直登ルートだが、岩稜の様子は下調べしていない。両股小屋では雪がついていれば登れるという話を聞いたけれど、今回はソロで確保もできないので直登は避け、三峰岳側のゆるやかな稜線をめざして右の支流へ入る。

ふり返ると遠くに仙丈ガ岳が見える。天候はやや回復してきたけれど山頂は雲の中のようだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沢はいよいよ細くなる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地形図で見ると稜線までの傾斜はなだらかだが、はたしてハイマツ藪の地獄に突っ込まないか。それとも天国の詰めだろうか。期待と心配が入り交じりながら標高をあげていく。

左手に北岳・間ノ岳間の稜線があらわれる。天候は回復基調のようだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小さな滝をいくつか越え、視界が開けてくる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後の雪渓を乗っ越すと沢は枯れ、そこに広がっていたのは楽園のような大広間だった。ハイマツ帯は薄く、藪漕ぎになることもなさそうでホッとする。めざすはあの稜線だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

稜線は近くに見えてけっこう遠くなかなか近づかない。息も切れてペースを落とす。このひとときを楽しむように惜しむようにゆっくり距離をつめていく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10時前に稜線にたどり着く。トラブルもなく順調なペースだ。一休みして行動食をつめこみ水を飲んでから間ノ岳への稜線を歩きはじめる。

すこし標高をあげると天候は不安定だが、山道は快適でスピードがあがる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

頂上にたどり着くと、沢からぬけてはじめて人の気配が多くなりにぎやかになる。さぁ農鳥小屋は目と鼻の先だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

P7140103

昼前に農鳥小屋に到着。ビールをあけて一休みしてから幕営する。もう少し歩いてもよかったが翌日の天候回復に期待。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

のんびりしていたらテン場のスペースが埋まってしまい、風の強そうなコル部のあたりしか空いていない。なるべく低く張ってから昼寝にはいる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜中は風と雨が猛烈に強く、タープの中にも吹きこんできて目が覚める。めんどうだけれど体をおこしてなんとかビビィに入り、タープのポールを倒してくるまるようにして眠る。バタバタとうるさいが、前日に比べたら暖かく眠れた。

DAY4 農鳥岳から奈良田へ

6時過ぎに起床すると天候はあまりよくなく、すでに周りのテントはほとんど片付けられていて焦って出発する。奈良田までのコースタイムはけっこうかかるようだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

霧のかかる山頂へ向けて、行動食をとりながら、歯をみがきながら歩いて遅れをとりもどす。農鳥岳につくまでに集団が見えてきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

西農鳥、農鳥岳を越え、いよいよ稜線も終わりかというところで徐々に天気が回復してきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

P7150123

素晴らしい天国のような景観。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奈良田への下山ルートに進む。

P7150129

下山ルートはうんざりするほど長く足が疲れたけれど、昼過ぎに奈良田へ辿りついて温泉に入って回復。帰路へ。

南アルプスで沢を詰めての稜線歩き。微妙な天候だったけれどときおり素晴らしい景観に出会えて楽しむことができた。

製作の様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自宅の一室を工房として、ワークテーブルにミシンをおき、裁断から縫製までひとつひとつ手作りで製作しています。

本日は4個の製作でした。

シンプルな道具は、それを使う目的を明確にしてくれます。その目的は人それぞれで、いろいろな使い道や応用があってよく、その道具を手にした人がその人なりの気づきを得られるようなもの。新たな発想や旅への情熱が呼び起こされるようなもの。そういった広がりのあるシンプルさを目指していきたいと思います。